転職活動を成功するために

2018/03/30東京

転職活動を成功するために

みなさん、こんにちは。
東京人材サービス部の堤です。

TECO通信には、2016年12月以来の登場となります。
改めまして、宜しくお願い致します。

なぜこれだけ期間が空いていたかと言いますと、2016年12月から1年間、東レ本社の採用部署に逆出向していまして、新卒採用や経験者採用のお手伝いをしていました。
新卒採用では大学やイベント会場を回っての会社説明会等、経験者採用では候補者の取りまとめや面接スケジュールの調整、入社に向けての手続き等、また、時々面接官として面接を対応する事もありました。

そして今回のTECO通信の担当の順番となったのですが、過去の自分の記事を見てみるとスポーツに関する内容ばかり・・・。
今回もスポーツに関する事にしようかと考えたのですが、せっかく『採用』という仕事を経験してきましたので、採用現場で自分なりに感じた事を中心に、お仕事を探す際の参考になれば、というお話をしようかと思います。


1年間の採用業務を通じ、学生や社会人の方と接しみなさんの話を聞く中で、
自分なりに「おっ!」とか「いいなっ!」と思う方には共通点があります(あくまで私の感覚です)。

①自分の事をよく知っている
相手に自分を伝えるためには、自分の事をよく知っていなければなりません。
現職の担当業務や実績等を深掘りするのと併せて、取得している資格やスキルアップのために取り組んでいる事を伝えられると好印象です。

②相手の事をよく知っている
これから転職をしようと考えている会社の事は、みなさん事前にしっかり調べています。
HPの内容はもちろん、新聞やニュースなどで取り上げられたトピックスなどを知っているとポイント高いです。

③志望動機が前向きである
転職する為には当然退職をしなければなりませんが、退職というのはどうしてもネガティブな要素に映ります。
そのネガティブ要素を上回るポジティブな転職である事を存分にアピールする必要があります。

④一生懸命である
面接時の自己紹介は、言い換えると自分という商品を売り込むためのプレゼンと同じです。
マニュアル一辺倒な当たり障りのない説明より、拙い説明だとしても自分をよく知ってもらいたいという熱意が重要です。



・・・いかがですか?

当たり前の事ばかりですよね。

この当たり前の事をしっかりできている方が、転職活動を成功させるケースが多いと感じています。


現在は【売り手市場】と言われているくらい企業の採用意欲が旺盛ですが、自身の転職を成功させるためには、しっかりと準備をして臨むことが大切です。

東レエンタープライズでは、一般派遣や紹介予定派遣、職業紹介等、幅広いお仕事を扱っています。
各担当がしっかりサポートしますので、お気軽にご相談ください。
 
pagetop.png