2018年から変更/配偶者控除について

2018/06/01東京

2018年から変更/配偶者控除について

みなさん、こんにちは。
東京人材サービス部の砂原です。

もう気づくと6月。
2018年も半分を過ぎてしまいましたが、みなさんどのようにお仕事されていますか?

働くママさんが活躍している今、扶養内でお仕事している方も沢山いらっしゃいますが
今年から働き方を変えたという方も多いと思います。

そこで今一度、2018年から税制改正になった【配偶者控除】【配偶者特別控除】
見直してみようと思います!

ここでは、主な収入を得ている夫と、派遣で働く妻の夫婦と仮定して説明していきます。

【配偶者控除】
妻の年収が103万円以下の場合、給与所得控除後の所得は38万円となります。
ただし、夫の年収が増えるとと控除額が減少するようになり1220万円を超えると
控除額が0円になります。

2017年までは夫の年収に関係なく、妻の年収が103万円(年間所得38万円)以下で
あれば満額38万円の配偶者控除を受けられましたが
2018年からは夫の年収が1,120万円を超えている場合、控除額は徐々に減額という点が
大きく変わったポイントです。



【配偶者特別控除】
2017年までは妻の年収に上限が定められており、妻の収入が141万円(年間所得76万円)未満
の世帯しか控除が受けられませんでした。
しかし、2018年の改正で上限額は201万円(年間所得123万円)以下までに変更となっています。
今まで控除を受けられなかった141万~201万円の収入がある妻の家庭も控除を受けられるよう
になった点がポイントです。

なお【配偶者特別控除】も、夫の年収に応じて控除額が変動します。



また「扶養」には2つの種類があります。
1つは「税法上の扶養」。
もう一つは「社会保険上の扶養」です。
今回改正された配偶者扶養控除は税法上の扶養のみですので、社会保険上の扶養は
変わっておりません。

少し複雑な内容ですので、新しくお仕事をお考えの場合には
登録の際、担当者に遠慮なくご相談くださいね。

状況をみてご家庭にあった無理のない範囲で働き方を考え、この配偶者控除を
うまく活用していきましょう!!

◆お問い合わせ・ご登録予約受付◆
・東京本社 :登録専用フリーダイヤル:0120-100-688
(平日9:30~17:30)

◆WEBからのご応募はこちらから◆
https://haken.toray-enter.co.jp/

◆マイページ作成はこちらから◆
https://haken.toray-enter.co.jp/web_entry/
 
pagetop.png